座間味島(沖縄)にきているよ-悲しいダイビングと晩ごはん-

2016年10月座間味島(沖縄)の旅パート2だよ。

座間味島(沖縄)の旅パート1はこちら

那覇のホテルで一泊したあと、いよいよ座間味島へ出発だよ。

高速フェリーで座間味島へ!

zamami017
とまりん
zamami02
わっくわく〜

沖縄県那覇市・泊港にある、旅客ターミナルビル「とまりん」から座間味行き高速フェリーに乗車。料金は大人1人6000円弱(往復)だよ。

img_3277
揺れてめっちゃ酔う…

この日は結構揺れたみたい。ぼくはちょっと酔ったよ…。

予約していた初ダイビングへ

座間味といったら世界が恋する海とも言われているダイビングの聖地だよ!
初めてだけど、今回挑戦してみることにしたよ。

フェリーを降りたら、ダイビングのお兄さんに即連れて行かれたよ。

インストラクターさん
いらっしゃい~!じゃあ早速、ショップへいきましょう
キャンパーくん
…はい(船酔いできもちわるいよ…)
インストラクターさん
じゃあ、はい着替えてこれ装着して…ボート乗りましょうね~ (テキパキ)
キャンパーくん
…!

いざ、ダイビング

インストラクターさん
じゃあ潜っていきましょうね~。もし何か調子が悪かったら 教えた合図してくださいね~。

ドボン

ロープを握って海底5メートルほど潜っていくよ

インストラクターさん
(大丈夫ですか)←合図
キャンパーくん
(たぶん…!)

ロープをつたって潜るのに10分近くかかるよ…

(どうしよう、全然たのしくないよ)
(耳いたいよ)
(きもちわるいよ)

インストラクターさん
(ほんとに大丈夫ですか)
キャンパーくん
(…うん、だめです)

ザバーッ(浮上)

ぼく、ダメでした

悲しいよ...
悲しいよ…

母さん、ぼくはダイビングもできないダメな寝袋ヤローです…。

過密スケジュールの中に無理やりダイビングを押し込んだから自業自得だよ…。

優しいインストラクターのお姉さんがめっちゃ気を使って気を遣ってフォローしてくれて、それがまた申し訳ないよ…。

このあとぼくだけシュノーケルに変更したんだけど、なぜかインストラクターのお姉さんが笑顔で巨大ナマコを手渡してきたよ。

インストラクターさん
(どうぞ!)
キャンパーくん
…?

予約していた民宿へ

ダイビングの後は、今日の宿の民宿へ。
座間味島はホテルが少ないから民宿に泊まるのが一般的みたいだよ。
ぼくが泊まった民宿は

ルーターの設置の仕方が斬新だったり、

zamami100
ペタッ

鍵の管理が信用だけで成り立ってたりして、

zamami101
フリーダムだよ…

なかなかいい宿だったよ♪

さぁ、夜ご飯にいくよ

一軒目 まるみや

zamami027
店の壁に肌色のヤモリがたくさんくっついてた
zamami019
ここの名物はラフテー
zamami020
油がさらっとしてる!

ラフテー最高だよ〜。あんまり油が重くないから、パクパク食べられちゃうよ。

zamami021
刺身ともずくも絶品

二件目 豚々茶舗
座間味島で飲茶で勝負してるこのお店。
沖縄で飲茶…?と思いながら入ったけど、ビックリするほど美味しかったよ。

zamami025
店の上は民宿だよ
zamami023
アグー豚を使用したジューシィ餃子!

三軒目 三楽(さんた)
座間味島で人気の居酒屋さん。

zamami024
隠れ家っぽい雰囲気

ここのオススメは豚肉の漬け焼。厚切りで美味しいお肉だったよ。

でかっ
でかっ

満腹だよー。

座間味島の旅パート3へ続くよ♪

ブログランキングに参加しているよ

ポチっと応援、よろしくおねがいしますだよ( ◉ω◉ )
励みになるよ〜。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

instagramでも、ブログの更新をお知らせしているよ。友だちになってね。

スポンサーリンク

いいね!するとfacebookで
ブログの最新情報をお知らせするよ

Twitter で