ぼくがUNIFLAME焚き火台「ファイアグリル」を選んだ理由

続:キャンプ道具そろえ中

ぼくは初心者キャンパーなので、キャンプ用具も日々いろいろ調べて探しているよ。
そんなぼくが購入したものを、ブログで少しずつ紹介していきたいと思うよ。

キャンプの醍醐味=焚き火

引用:UNIFLAMEファイアグリル
出典:UNIFLAME

「キャンプの醍醐味=焚き火」と言ってもいいぐらい、焚き火って素敵だよ。
火を見ていると時間を忘れるよ。

キャンプ場では直火禁止のところが多いので、フィールドを傷めることなく焚き火・ダッチオーブン・BBQが楽しめる焚き火台が必須だよ。キャンプ用具の中では欠かせないものだよ。

スポンサーリンク

どんな焚き火台を選べばいい?

kangaeruいざ購入するために探してみると、いろいろなアウトドアブランドのものがあるよ。
焚き火台ではColeman、snow peak、CAPTAIN STAG、UNIFLAME等が人気だけど、他にもたくさんあって、どれを選べばいいかわからなくなったよ。

一旦頭を整理して、ぼくがどんな焚き火台が欲しいのかまとめてみたよ。

ぼくが焚き火台を購入するときに重視したのは、

  1. コスパが良いこと
  2. 料理が楽しめること(ダッチオーブン含む)
  3. コンパクトで運搬しやすいこと

この三つを網羅してくれる焚き火台を探していたよ。

コスパと安定感が決め手

そこで条件に合ったのがUNIFLAMEのものだったよ。

【サイズ】使用時:約430×430×330(網高)mm 収納時:約380×380×70mm
【材質】炉・ロストル:ステンレス鋼 スタンド・焼網:鉄・クロームメッキ
【重量】約2.7kg 【分散耐荷重】約20kg

UNIFLAME「ファイアグリル」は調理の時、大きめの網で具材をたくさん焼けるし、網をずらして置けるようになっているから調理をしながら炭の調整ができるよ。これは初心者キャンパーとしては、料理の失敗が防げてかなりポイント高いよ。

あとは、スタンドの安定感も購入の決め手になったよ。
ダッチオーブン料理にチャレンジしたかったから、耐荷重が20kgというところに惹かれたよ。
コンパクトにまとまって収納もしやすいよ。

細かく見ていくよ

uniflameファイアグリル
人が持つとこれくらいだよ
uniflameファイアグリル
収納ケースはロゴありでおしゃれだよ
uniflameファイアグリル
カチッとしめると飛び出し防止になるよ
uniflameファイアグリル
中身はこんな感じだよ(使った後でごめんだよ)
uniflameファイアグリル
スタンドを広げて
さらに先端をパタパタたおすよ
さらに先端をパタパタたおすよ
uniflameファイアグリル
使徒じゃないよ
uniflameファイアグリル
こうやって台をセットするよ
uniflameファイアグリル
そして網をこう!魔法陣みたいだよ
uniflameファイアグリル
高さもあって四隅から炭の調整しやすいよ

ダッチオーブン用の架台

ダッチオーブンを焚き火台に置くなら架台としてファイアグリルヘビーロストル」があるよ。これも合わせて揃えたよ。この上にダッチオーブンを置けば、下火温度調節が簡単になるよ!

ファイアグリルヘビーロストル
ダッチオーブンのせてもビクともしないよ

ギアコンプリートへの旅は続く・・

まだまだ必要なものを揃える旅は続くよ。

ブログランキングに参加しているよ

ポチっと応援、よろしくおねがいしますだよ( ◉ω◉ )
励みになるよ〜。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

instagramでも、ブログの更新をお知らせしているよ。友だちになってね。

スポンサーリンク

いいね!するとfacebookで
ブログの最新情報をお知らせするよ

Twitter で

コメントが生きがいだよ!残してほしいよ。